エンジニア採用の母集団形成に取り組む4つのステップ

エンジニアの求人を出しても、応募が来ない、面接までたどり着けない、という課題に困っている採用担当の方向けに、母集団形成にどう取り組むべきか、解説します。自社の開発組織の取組を知ってもらい、興味を持ってもらうために、どのようなことを設計し、どのようなアクションが有効なのでしょうか。

【後編】人事担当者のための初めてのエンジニア採用ガイド

企業のDXを推進する、事業のオンライン化を推進する、などの方針をうけ、デジタル人材、エンジニアの採用を始めることになった人事担当の方が、エンジニア採用を「始める」ために、考えるべきことと、そのステップをお伝えします。エンジニア採用の始め方がわからない、求人は出しているけれども応募が来ない、な課題にお困りの人事担当の方は是非ご覧ください。

企業のDXを推進する、事業のオンライン化を推進する、などの方針をうけ、デジタル人材、エンジニアの採用を始めることになった人事担当の方が、エンジニア採用を「始める」ために、考えるべきことと、そのステップをお伝えします。エンジニア採用の始め方がわからない、求人は出しているけれども応募が来ない、な課題にお困りの人事担当の方は是非ご覧ください。

目次

<後編:エンジニア採用の土台となる採用ブランディング>

求人をだす準備が整ったら、様々な方法で採用活動を実施しよう

前編、中編までが採用活動を始めるための準備でした。後編では具体的な採用活動をどうやって始めていくのか、について解説していきます。
エンジニアを採用するにあたり、多くの接点をもつべく、様々な方法が取られています。採用する人数規模にもよりますが、この順番で取り組まれるケースが多いです。

  1. 自社の採用サイトに掲載する
  2. 人材紹介、転職エージェントに依頼する
  3. スカウトサービスを利用する
  4. 求人広告サイトに求人を掲載する
  5. 友人、知人経由のリファラルを推奨する

どのような内容を求人に打ち出すべきかはとても重要です。スキルや経験など開発組織としてメンバーに求める物はもちろん、どのような技術を使っているか、どのような経験をつめるか、どのような環境を用意しているか、など記載すべき内容は多岐にわたります。
エンジニアが働きたいと思うポイントについては、こちらの記事を参照ください。

6-1

エンジニア採用でおさえるべき3つの訴求ポイント

採用手法の土台となる採用広報ブランディング

これらのような採用手法、チャネルを運用していく中で、採用活動自体の認知向上、興味醸成を目的として行うのが、採用広報、ブランディングです。例えば、「WEBのイメージがなかったけど、あの会社がWEBエンジニアを採用しているんだ。」「面白そうなデータや技術をつかっているんだな。」「経営層のコミットも強そうで活躍できそうだな。」と、エンジニアに思ってもらうための取組です。適切な手法、プラットフォームを使うことで、早期にタレントプールを形成、採用目標達成出来ている企業事例も出てきています。
具体的には、業種業界ならではの扱えるデータのユニークさやデータ量の多さや、どのような技術を活用しているか、などエンジニアが魅力に感じる、興味を持たれやすい情報を、メディアや記事、勉強会やイベントなどを通じて発信していく、という手法が一般的です。

競争倍率の高いエンジニアを採用するには、エージェントや求人サイトのような転職顕在層へのアプローチだけでなく、転職潜在層への広報的なアプローチも設計することで、自社の取組について知ってもらい、採用成功確率を上げることができます。
優秀なエンジニアほど現在、組織の中で活躍していることが多く、転職を検討するタイミングを待つことも必要になります。

まとめ

前中後編にわたり、エンジニア採用を始めるために準備するべきことを整理してきました。

  • エンジニア採用は超売り手市場の為、入念な準備と組織設計をするべき
  • エンジニアを採用するために、エンジニアのことを良く知る必要がある
  • 様々な採用手法の土台となるブランディングに取り組むことで、潜在層へも情報を届けることが重要

エンジニアに対して、何をどのように届け、どう認知してもらうのか、をデザインすることで、様々な採用を成功に導くことができます。

 

TECH PLAYは17万人のエンジニアが登録するIT勉強会検索サービスを運営し、ブランディングサービスを通じて、DXを推進する企業様のイベント企画、運営をご支援してきました。エンジニア採用をこれから始める採用ご担当者さまは、是非ブランディングサービスについてもご覧ください。

スクリーンショット (60)

⇒ブランディングサービスを確認する

Related Post:

エンジニア採用の母集団形成に取り組む4つのステップ

エンジニアの求人を出しても、応募が来ない、面接までたどり着けない、という課題に困っている採用担当の方向けに、母集団形成にどう取り組むべきか、解説します。自社の開発組織の取組を知ってもらい、興味を持ってもらうために、どのようなことを設計し、ど...

エンジニア採用で強いブランドを作る為に押さえるべき3つの構成要素

まだ転職活動を開始していないエンジニアにとっても、いつかあの企業で働いてみたい、と思ってもらうような認知を獲得していく取組が、採用ブランディングです。エンジニア採用に成功している企業は様々な方法でこの採用ブランディングを実施し、エンジニアか...

他社に競り負けない、エンジニア採用ブランディングのコツ

エンジニア採用の母集団形成ができない。スカウトを打つもエンジニアからの返信が来ない。面接を進めるも、途中で辞退されてしまう。内定を出したものの、他社に競り負けてしまう。このような課題を解決する取組として、エンジニアに自社の魅力を適切に伝える...

TECH PLAYからのエンジニア採用に役立つ情報を受け取る

ご登録頂くとエンジニア採用、技術組織の内製化を実現するために役立つ情報を配信致します。お困りのことなどお気軽にご相談ください。

img_about_mv_sp

エンジニア採用は転職潜在層へのアプローチがカギ

技術に詳しいTECH PLAYのメンバーが、TECH PLAY17万人の会員に向けた採用戦略をご提案致します。

問い合わせ