エンジニア採用の母集団形成に取り組む4つのステップ

エンジニアの求人を出しても、応募が来ない、面接までたどり着けない、という課題に困っている採用担当の方向けに、母集団形成にどう取り組むべきか、解説します。自社の開発組織の取組を知ってもらい、興味を持ってもらうために、どのようなことを設計し、どのようなアクションが有効なのでしょうか。

【中編】人事担当者のための初めてのエンジニア採用ガイド

企業のDXを推進する、事業のオンライン化を推進する、などの方針をうけ、デジタル人材、エンジニアの採用を始めることになった人事担当の方が、エンジニア採用を「始める」ために、考えるべきことと、そのステップをお伝えします。エンジニア採用の始め方がわからない、求人は出しているけれども応募が来ない、な課題にお困りの人事担当の方は是非ご覧ください。

企業のDXを推進する、事業のオンライン化を推進する、などの方針をうけ、デジタル人材、エンジニアの採用を始めることになった人事担当の方が、エンジニア採用を「始める」ために、考えるべきことと、そのステップをお伝えします。エンジニア採用の始め方がわからない、求人は出しているけれども応募が来ない、な課題にお困りの人事担当の方は是非ご覧ください。

目次

 

<中編:エンジニア採用をするために人事担当者が知っておくべきこと>

求人を書く前に市場を把握する

前編までの取組で、事業戦略に応じたデータ活用戦略が完成し、求める人物のスキル、経験の要件を設計することが出来ました。しかし、求人を出す前に確認しておくべきことがあります。実際にエンジニアを採用するうえで、よく課題になってくるのが、既存の報酬制度とエンジニアの市場感が合わないこと、です。

前述の通り、エンジニアは超売り手市場であり、給与待遇もその他の職種と比べると高く設定されている場合が多いです。また、評価制度もさまざまな試みがなされており、エンジニアが働きたくなる環境作りに各社腐心しています。このようなエンジニアが働きやすい環境を用意することで、求人段階での競争力をつけることができたり、折角採用したエンジニアが待遇に不満を感じて離職してしまうことを防ぐことが出来ます。

スキル要件などと同様に、人材市場をよく知る転職エージェントやHR系企業に相談することで大まかな市場感は把握することができますが、内部制度までの設計を作る場合には、短期でも専門的な知見や経験をもつ人材を活用することを検討することも重要です。

採用予算はどれくらい必要なのか

職種ごとの採用人数と、その優先順位が見えてきたら、採用活動にかける予算を決めていく必要があります。一般的に採用コストとは、下記のような採用活動全般にかかる費用の合計です。

  • エージェントへの成功報酬
  • スカウトツールなどの利用費
  • 求人広告費
  • 広報PR費用(WEB、コンテンツ、イベント制作費用等)

理想的には、リファラルやダイレクトなどの採用比率を加味した予算作成ができることが望ましいですが、これらの手法は初期には成果が見込みづらいので、採用する目標人数の全員がエージェント経由でも大丈夫なくらいの予算を確保しておくことが望ましいです。事業のデジタル認知が低い場合には、イメージチェンジ、ブランディング広報にも取り組む必要があるので、忘れずに予算化しておきましょう。

エンジニアを採用するうえで、最低限必要な技術知識も理解する

採用する職種にもよりますが、人事部門の担当者として最低限求人票に記載する単語(職種ごとの業務内容や担当領域、言語や開発手法など)については理解をすることが望ましいです。エンジニア組織が出来てくると、社内エンジニアと役割分担することで、より的確な採用活動が出来るようになりますが、エンジニアの手を借りることは開発リソースを割くことにもなりますので、候補者とコミュニケーションがとれる程度には職種に関する知識は備えておきましょう。特に自社で開発しようとしているプロダクトと、その構成におけるエンジニアの役割と言語の関係、については把握しておくとよいでしょう。

基礎知識の理解をおろそかにすると、スキルのマッチしないエンジニアにスカウトを送信してしまったりとコミュニケーションが円滑にいかないばかりか、マイナスな印象を与えてしまいかねません。エンジニアは自身のスキルについて公開していることが多く、多数のスカウトメールを受け取っているため、的外れなスカウトを嫌います。開発知識を備えた人事の方がいる企業でも、「スカウトメールは送信前に現場のエンジニアに一度確認してもらっている」という運用をしているほどなので、1対1のコミュニケーションを丁寧に、なぜスカウトを送ったのか、どのような活躍をしてほしいのかを、真摯に向き合い伝えることが重要です。

 

中編は以上です。後編では人事担当者として知っておくべきことを解説します。

4-2

【後編】人事担当者のための初めてのエンジニア採用ガイド

 

Related Post:

エンジニア採用の母集団形成に取り組む4つのステップ

エンジニアの求人を出しても、応募が来ない、面接までたどり着けない、という課題に困っている採用担当の方向けに、母集団形成にどう取り組むべきか、解説します。自社の開発組織の取組を知ってもらい、興味を持ってもらうために、どのようなことを設計し、ど...

エンジニア採用で強いブランドを作る為に押さえるべき3つの構成要素

まだ転職活動を開始していないエンジニアにとっても、いつかあの企業で働いてみたい、と思ってもらうような認知を獲得していく取組が、採用ブランディングです。エンジニア採用に成功している企業は様々な方法でこの採用ブランディングを実施し、エンジニアか...

他社に競り負けない、エンジニア採用ブランディングのコツ

エンジニア採用の母集団形成ができない。スカウトを打つもエンジニアからの返信が来ない。面接を進めるも、途中で辞退されてしまう。内定を出したものの、他社に競り負けてしまう。このような課題を解決する取組として、エンジニアに自社の魅力を適切に伝える...

TECH PLAYからのエンジニア採用に役立つ情報を受け取る

ご登録頂くとエンジニア採用、技術組織の内製化を実現するために役立つ情報を配信致します。お困りのことなどお気軽にご相談ください。

img_about_mv_sp

エンジニア採用は転職潜在層へのアプローチがカギ

技術に詳しいTECH PLAYのメンバーが、TECH PLAY17万人の会員に向けた採用戦略をご提案致します。

問い合わせ