TECH PLAY Academy

ABOUTTECH PLAY Academyとは

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するためには、
デジタル分野における実践的なスキル・素養に加え、新たな価値提供
を担うことのできる視座、スピード感、マインドセットを兼ね備えた
人材=デジタルイノベーターの存在が不可欠です。
TECH PLAY Academyでは一流の現役講師によるワーク中心の
実践型育成プログラムにより、企業のDXを強力に推進するデジタル
イノベーター育成プログラムを提供しています。

TECH PLAY Academyとは

WHAT’S ISSUEこんな課題ありませんか?

ISSUE01DX実現の具体策に悩んでいる
DX実現の具体策に悩んでいるデジタル技術を活用して業務効率化をするのか、既存事業の改善を行うのか、それとも新たなデジタルプロダクトを創出するのか。
DX戦略における課題は組織によって様々です。

TECH PLAY Academyでは、DX組織デザインのご支援、一流のDX実践経験者による人材育成プログラムの提供やPoC・デジタルプロダクト創出ご支援まで
中・長期的な伴走体制でサポートします。
ISSUE02DXを推進する人材
が不足している
DXを推進するデジタルイノベーターが不足しているDXを推進すためには
デジタルスキルやイノベーティブな
マインドセット・知見を駆使し
デジタルプロダクト創出を通じて
事業にイノベーションを創出する
デジタルイノベーターが必要です。

TECH PLAY Academyでは、デジタルイノベーターのための国内唯一の実践型育成プログラムを提供しています。
ISSUE03デジタル組織づくりのための
ロールモデルがない
デジタル組織づくりを推進するためのロールモデルがないDXのためのデジタル組織や、そこで
DXを推進するデジタルイノベーターの
ロールモデルが少ないといった課題も
あります。

TECHPLAY Academyでは豊富なDX支援実績を
もとに組織要件・人材要件定義を行うとともに、
アセスメントやインタビューを通じて組織のスキル・ポテンシャルと目指したい姿のギャップを可視化しながら、最適なデジタル組織づくりをご支援します。

DXの課題について相談する

Digital Innovatorなぜデジタルイノベーターが
重要なのか?

デジタル技術を駆使し、DXを推進する
役割を担う人材がデジタルイノベーター

DXは組織の在り方やビジネスモデル、ひいては社会の在り方の刷新までも
要求するものです。
そしてDXを推進するためには、デジタル技術を活用してイノベーションを起こし続ける組織文化が重要です。

社会や顧客との接点の中で「情報収集・課題発見」を行い、その課題に
対し何を行うべきかという具体的な「アイデアを創出」し、
それらを「デジタルプロダクト化」して改善を繰り返す。

Business / Technology / Creativeの領域においてデジタル技術と専門的知見を駆使し、組織のイノベーション創発文化変革をリードするのがデジタルイノベーターです。

なぜデジタルイノベーターが重要なのか?

FEATUREデジタルイノベーター
育成プログラムの特徴

スキルを可視化し
最適な育成プログラムを策定

求める人材要件を定義するとともに、現状のスキル
・素養をアセスメントやインタビューを通じて可視化。
そのギャップを埋めるための育成プログラムを
オーダーメイド形式でご提案します。

もっと見る

閉じる

DXの本質を知る
現役・一流の講師

  • 及川 卓也 氏及川 卓也 氏著書「ソフトウェアファースト」でお馴染みプロダクトマネージャーの第一人者でありキーマン。
  • 八子 知礼 氏八子 知礼 氏日本のDXをリードするIoTイノベーションセンター所長。「IoTが全部わかる教科書」他著書多数。
  • Tim Mansfield 氏Tim Mansfield 氏シリコンバレーのスタートアップCTO。YoutubeやGoogle〜東芝、富士通まで幅広く開発に従事。

Microsoft、Googleなどでの開発経験者、
国内外の大企業でのDX実践者など、多様な
キャリアを持つ講師陣が50名以上在籍。組織の
課題に合わせて最適な講師をアサインします。

もっと見る

閉じる

体系化されたカリキュラムで
実践力が身につく

数々のDX戦略推進の実績を持つAIベンチャー
企業と共同開発した、国内唯一のデジタル
イノベーター育成プログラムです。
体系化された実践型プログラ
ムにより短期間で効率的に成果を創出します。

もっと見る

閉じる

SCHEDULE導入後のモデルスケジュール

4weeks

人材要件定義

スキル・素養の可視化
アセスメントやインタビューを通じてスキル・素養の可視化
人材要件定義
どのようなスキルを持った人材をどの程度育成するのか定義
育成プログラム立案
可視化された現状と定義した人材要件とのギャップを埋めるためのプログラムを立案

4weeks

デジタルイノベーター養成講座

デジタルマーケティング講座
デジタルマーケティングに関する基礎知識を事例検討とワークショップを通じて身につける
プロダクトマネージャー講座
プロダクトマネージャー(PM)の役割を学び、PMになるための実践的な力を身につける
デザインシンキング(UI/UX)講座
デザインシンキング=想像的思考であることを理解し、ユーザーインタビューなどを中心に、ユーザー中心なプロダクトデザインの手法を学ぶ
開発プロセス概論
エンジニアリング領域における開発プロセスとその手法を座学形式で学ぶ

2weeks

PoCテーマ設定

育成講座を通じて獲得した知識・スキルをもとに、組織(自社)の事業にイノベーションを創出する新規事業・業務効率化プロダクトアイデアを検討

2weeks

アイデアソン

組織(自社)役員・メンター陣へPoCアイデアをプレゼンし、評価・講評からフィードバック

研修を終えて、息切れするのではなく、今後組織のDX推進の担うデジタルイノベーターとして自覚・責任をよりいっそう感じてもらうための意味合いも含むイベント

3weeks

PoC実施

有力案は、PoC実施へ

フォローアップ
メンター
個人(グループ)別に学習計画を立案、講座-アイデアソンまで、
講師・メンターが個々人に伴走し、定期的に学習をサポート

プログラムについて問い合わせる

INTERVIEW新着インタビュー

INTERVIEW
COLUMN
SEMINAR
インタビュー

コラムの最新情報を受け取る

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください。
さらに詳しくサービスについてご説明いたします。

    

お問い合わせ資料請求